• HOME
  • 事務所案内
  • 相続安心パック
  • よくある質問
  • お問い合わせ

相続手続きの常識その3
相続を放棄するかどうかを決める

HOME > 相続手続きの常識 > 相続を放棄するかどうかを決める

相続手続き③【相続放棄】

相続放棄の期限

相続放棄の手続きの期限は、相続の開始があったことを知ってから3ヶ月以内ということになっています。知った日付を証明することが難しいため、基本的には被相続人が亡くなった日から3ヶ月以内というふうに考えてください。

相続財産を相続しないのであれば、期限内に相続を放棄する手続きをしなければなりません。
相続放棄の手続きは、家庭裁判所で行います。相続人全員の意思統一は必要なく、それぞれが申し立てをすることもでき、その場合には相続放棄をしていない相続人が返済義務を負うことになります。

マイナス財産額が不明

「負債額が不明なので、放棄するかどうかがまだはっきりと決められない。けれどマイナスの財産よりもプラスの財産が多い可能性がある」といった方は、プラスがマイナスを上回った時だけ、その分を相続する限定承認という方法もありますが、相続人全員で共同で行う必要があったり、相続人に一人でも単純相続する人がいればできません、また手続きが煩雑なため、間違いの無い様専門家のサポートをお勧めします。

相続放棄の注意点

相続放棄がいったん受理されると、特別な理由がない限り相続放棄を撤回できません。期限が短いので、焦ってしまいがちになりますが、しっかりと調査と話し合いをした上で放棄の決定をしましょう。

NEXT 相続税が課税されるケース