• HOME
  • 事務所案内
  • 相続安心パック
  • よくある質問
  • お問い合わせ

相続手続きの常識その1
相続人と被相続人を知る

HOME > 相続手続きの常識 > 相続人と被相続人を知る

相続手続き①【相続人は何人いる?】

配偶者と子供

相続人は誰か相続手続きの最初の作業は相続人の調査です。要は被相続人の相続人が誰と誰にあたるのかを正確に調査します。例えば相続人が子一人のみであればすべての財産を子一人が相続することになり話は簡単なのですが、相続人が1人だけというケースは稀です。

“配偶者と2人の子供”が相続人の場合には、法定相続通りで相続するのであれば、財産の2分の1が配偶者、残りの2分の1を子が半分ずつ分けて相続する、ということになります。

5000万円の財産を相続すれば、配偶者が2500万円、子が1250万円ずつとなります。

相続の順位

相続人というのは縦の関係が優先されるので、被相続人の孫が相続人となるケースは多々あります。しかし逆に横の関係である被相続人の兄弟が相続人となるケースは非常に少ないです。
孫が相続人になるのは、相続人の子がすでになくなってる場合です。子の妻は相続人にはなりませんが、子供は正式な相続人として相続の権利を持ちます。これを代襲相続と言います。
さらに、被相続人の子が亡くなっていて、孫もいない場合には、被相続人の親が相続人となります。親もすでになくなっている場合に、被相続人の兄弟が相続人となります。

相続の順位

思わぬ相続人

知らされていなかった隠し子など、思わぬ相続人が現れる(発覚する)可能性もあります。法律上の婚姻関係にない夫婦間の間に出来た子供(これを非嫡出子と言います)の場合の隠し子は、相続できる財産の割合は正式な夫婦間にできた子供の2分の1ではありますが、相続人となります。
一方、被相続人の先妻(※先妻との間に出来た子供は正式な相続人)や愛人は相続人にはなりません。

相続人がいない

家庭裁判所イメージ相続人が全くいなくて、遺言書も無い場合には、被相続人の財産は家庭裁判所によって選任された相続財産管理人によって遺産処理がなされ、最終的に国の財産になります。
被相続人と生計を同じくしていた人や、婚姻関係ではなかったけれども長年連れ添って面倒を見ていた人などは、「特別縁故者」として認められれば、財産をもらうことが出来ます。ただ、特別縁故者として認められるかどうかは、被相続人との生活状況や献身の度合いによって判断されます。

NEXT 相続財産は何?