• HOME
  • 事務所案内
  • 相続安心パック
  • よくある質問
  • お問い合わせ

相続手続きが初めての人のための
相続手続きの常識

HOME > 相続手続きの常識

相続手続きの常識

相続手続きを1人で悩まずに、適切な手続きをふみましょう。

相続で悩む各ページ、ご理解いただき易いよう、最小限の文字数で相続手続きの基本をご説明させていただいております。
解っていると思われていることでも、改めてお読みいただけると幸いです。

時間がない人も、煩わしく思っている人も、まずは読んでみてください。その上でご不明な点は、無料相談も実施中ですので、ご相談ください。

相続に関する手続きを始める前に、まずは相続人と被相続人について正確に把握する必要があります。
相続人は100%自分と子供だけ、そんな方も必ず一読しておいてください。

詳細ページへ

相続財産について、どういったものが相続財産となり、逆に何が相続財産にはならないのかを知っておく必要があります。
必要に応じて、売却や名義変更が必要になります。

詳細ページへ

相続放棄をするかどうかの決定期限は意外と短いです。
相続人が複数いる場合や被相続人に負債があった場合などには、決定基準や選択肢が複雑になるので、注意が必要です。

詳細ページへ

相続において、95%の人は相続税は課税されません。ですので申告も納付も必要ないわけです。
なぜ、相続税が課税されずに済むのか、仕組みを知っておきましょう。

詳細ページへ

相続人が複数存在している場合には、避けては通れないトラブルの種です。
相続のトラブルは、俗に”争続”と呼ばれますが、そうならないためにも必ず押さえておくべき相続のポイントです。

詳細ページへ

相続手続きに関して、実際にご相談いただいた内容をいくつかまとめてあります。
共通のお悩みもあるかと思いますので目を通してみてください。

詳細ページへ