• HOME
  • 事務所案内
  • 相続安心パック
  • よくある質問
  • お問い合わせ

分割が難しい
不動産の相続

HOME > 不動産の相続

不動産の相続の注意点

選択肢が多い分だけトラブルの原因になる

不動産の相続相続はしたけれど、例えば相続税が発生し、さらにそれが高額でるために財産を売却しないと納税出来ないケースもあります。
そう言った時に相続人が複数いて、それぞれの事情が異なると分割は簡単にはいきませんし、分配の選択肢が増えると、その分相続人同士でのトラブルの原因になります。
被相続人が父親で、相続財産は住居併用のアパートだったとします。子供3人で、住居には父母と長男の家族で住んでいたとします。
例え住居併用アパートの資産価値が高かったしても、財産をすべて母親が相続すれば小規模宅地の特例等を申請することで相続税の納税は逃れられるかもしれませんが、その後母親も亡くなってしまった場合などには結局、税金対策も含めて不動産の分割で頭を悩ませなければなりません。

売却すれば弟たちも財産をわけることができ、仮に納税義務があっても支払うことも出来ます。しかし長男家族の住む家が無くなりますし、アパートの家賃収入も無くなります。アパートと土地を引き続き長男が所有すると、今度は弟たちにほとんど遺産が入りません。
借り入れて税金を支払い、弟たちにもある程度の現金を渡す方法、またはアパートを共同経営し家賃収入等を分配する方法などもありますが、所有権を移す必要があったり、下記で詳しく説明しますが、兄弟間での権利関係が非常に複雑になったりと、結局トラブルの種は残ります。

最もいいのは生前にしっかりと遺言書を残しておくことですが、すでにその状況にないご相談者の方々も多数いらっしゃいます。
大事なのは、もっとも不動産の価値を活かして不利益を被らないようにすることと、相続人間での正確な話し合いと正確取り決めです。

不動産の共有は避ける

親が亡くなった際に、例えばその土地・不動産に3人の子供全員が住んていたりすると、兄弟間が仲がいいと特に、財産自体の所有権を共有してしまいがちですが、財産の共有はどれだけ仲がよくても避けるべきです。

不動産は共有して所有すると、言い換えると財産を動かすことが出来なくなります。
例え転勤などで実際にそこに住まなくなったり、どうしてもまとまったお金が必要であっても、兄弟全員の同意がないと売約くすることも動かすことも100%出来ません。
せっかく仲がよかったのに、それがかえってもめる原因を作ってしまう場合があるということです。
子供から孫の世代に相続する際など、関係性はさらに薄くなっていることが予想されるので、ますますトラブルの原因です。
不動産を売却しないにてして、名義は兄弟間の誰か一人にしておくなでして、他の兄弟には金銭を渡すなどして折り合いをつける方がいいです。

不動産の相続に対するAXIA行政書士法人のパフォーマンス

正確な情報を基に正確な話し合いが必要となる不動産の相続

上記でもご説明したように、分割が簡単に出来ない不動産はその分だけ、手間や時間がかかる上にトラブルの原因になりやすいのです。
相続人間の仲が良かろうが悪かろうが、遺産の分割協議の段階で、それぞれの利害を考慮した正確な話し合いが求められます。(勿論それに合わせた書面の作成も)
ただし、例えば相続人様が合計5人おられたとして、その方々が一同に集まって協議出来る時間などは非常に限られてしまいます。
電話などでなぁなぁで済ますと、後で言った言わないのトラブルも起こります。重要なのは、それぞれが納得するまで話し合いをすることです。交渉と言い換えてもいいでしょう。AXIA相模原は不動産のコンサルティングを得意としていますので、そういった相続不動産に対するそれぞれの利害を考慮した上での交渉は最も力を発揮できる場面です。

所有なのか売却なのか運用なのかの選択

結局はどのように相続して、どのように分配するのかを明確にし、その方法、条件が公平であると相続人全員が納得してもらればいいわけですが、それが選択肢が多ければそれだけ難しいことは上でご説明しました。
問題なのは選択肢が多いにも関わらず、どの選択が正しいのかを判断する材料(情報)が少ないことです。
当事務所所長の清水は、不動産の専門業務としては、約20年の経験があります。その経験に基づいた判断力と交渉力は、恐らく行政書士の中ではトップクラスであると自負しております。
不動産の分割に際しての提案、及び分割後の運用方法など、相続人様全員が最もご納得していただき且つ最も有益な形で財産運用出来るようお手伝いさせていただきます。

相続財産でマンション経営

相続した不動産にマンションやアパートを建てようと考えられている相続人の方もいらっしゃいます。不動産評価を下げることで次の相続の際の節税対策にもなりますし、家賃収入も期待してのことだと思います。
ただしマンションの経営や運用は少なからずリスクをともないます。十分に採算のある立地かどうかの判断は初めての方には難しいと思います。
希望的観測に任せすぎず、ご相談ください。例えば、半分は駐車場、半分はアパートだったり、4分の1は駐車場、4分の2はアパート、残りを店舗経営に、など選択肢は複数ありますし立地条件によって優位性は様々です。
アパートの経営に当たってご協力させていただき、そこで利回りが上手くいったので、2012年7月の電力固定買取制度の発足に伴い、屋根にソーラーパネルを設置することで新たな利益を生んでいくなどしてご満足頂いているお客様などもいらっしゃいます。