• HOME
  • 事務所案内
  • 相続安心パック
  • よくある質問
  • お問い合わせ

相続手続きの事例
不動産の運用も依頼

HOME > 相続手続き事例 > 不動産の運用も依頼

不動産の売却編

当事務所への相談前の問題

被相続人はお父様、相続人は子供である長男、次男、長女、の3人でした。
被相続人が生前住んでいた不動産に、死後長女が住みついてしまい、円滑な財産分割が困難な状況でした。

それぞれの相続人の主張

長男:それぞれの優遇は無しで、均等に財産を分割したい。
次男:長男と同じ
長女:自分も相続人であるから、住む権利がある。現時点では退去の意思なし。

手続き前の話し合い

他の専門家にも相談していたようですが、どの事務所も不動産に関しては精通していな事から、上手く話をまとめることが出来ずにいたことから、当事務所に相談をいただけました。
今回のケースでは、トラブルなく長女様を説得出来るかどうかが最重要事項です。
長女様の主張も最もではあるのですが、住むのであれば、他の相続人様(長男・次男)へある程度の賃料を払う義務があるのではないか、それであれば、売却して正当に分割した方が無難ではないか、といった話し合いを根気強く続け、長女様にも長男、次男様にも納得いただき、さらに”売却するのであれば、不動産の売却まで当事務所で任せたい”と言って頂けました。

相続手続きスタート

売却後の財産分割の内容を”遺産分割協議書”にまとめ、それに基づき各種書類の取り寄せ、名義変更、解約手続き等を進めました。
同時に、相続安心パックの内容にある通り、財産目録、相続人関係説明図等の作成を行いました。

相続財産の共有は避けましょう

今回のようなケースでは、結局売却することで納得していただいたのですが、不動産を売却せずに相続人で共有して、誰かが住んだり家賃収入を分割しようとする場合があります。ですが、相続財産の共有は絶対に避けたほうがいいです。
何かを共有するということは、動かすときには共有者全員の同意が必要になるということです。いつまでも現状と同じ状態が続くとは限りませんし、今度は次の代に相続することになった時にも、面倒なことになりかねません。

NEXT 遺産分割協議書の作成